本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

任意売却を行った後の債務は?

任意売却を行った後に債務が残るようなこともあると思います。 では、任意売却を行った後に残ったような債務は一体どうなるのでしょうか?

任意売却を行った後の残債務については、全額を支払っていないということですから、借金についての返済の義務というのは当然のことながら残ってきます。

債権者に対して、『不動産は売却してしまったため、借金をなしにはできませんか』というようなことを言ったとしても、そのような願いは基本的には叶えてくれません。

返って返済プランを立案してください、とか支払いを一括で行ってください、などと言われます。 しかし、債務者としては、資産を売ってしまったので、債務者にはもうなにもありません。

強制的に回収を行う方法としては、預金あるいは給料を差し押さえする程度でしょう。 債務者は支払いを続けていくことが難しいことも多いでしょう。

そのため、任意売却を行った後の残債務の返済については、双方で現実的な方法などを話し合って調整することになります。