本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

任意売却と競売の違い

任意売却は、住宅ローンを支払えなくなった時に行われる措置で、所有の住宅を融資を受けた金融機関との合意の基に売却するという措置です。 同じような措置に競売というものがありますが、競売と任意売却では天と地ほどの差があります。

では、競売と任意売却では大きくどのような違いがあるのでしょうか。 任意売却は、あくまで自己の意思に基づいての売却行為であり、販売額も相場通りの価格で販売され、販売理由も近隣住人に知らされることはありません。

しかし、競売の場合は強制措置のため、高く販売するかよりもいかに早く換金するかの問題になりますので相場よりも安く、およそ6割程度で販売されるということが通例になっています。

また、競売である以上近隣にもその旨を報告されてしまうため、世間体という面から考えてもあまり良いものではありません。 競売は、全ての処理が裁判所任せで手間はありませんが、その分様々なデメリットがあります。

任意売却の重要性をしっかりと認識し、いざという時にはしっかりとした判断が取れるように構えておくことが重要です。

» 任意売却ならメリットもある