本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

自己破産について思うこと

最近、アベノミクス効果が少しづつ現れてきているといわれてはいますが、カードのローンや会社の倒産などによって自己破産にまでいきついてしまうケースが多いそうです。自分の力ではどうにもならない時ってありますから、こういった制度がないと生きて行けない方も多いのが現実だと思います。

ただ、破産の理由が明らかに自分の物欲を満たすためのカードローン破産などですと、国民の税金を使うわけですから納得がいきません。ただ、自己破産をしたから楽になるというわけではないですよね。世間からの白い目も嫌なほど受けるでしょうし、カードが作れなくなったりとそれなりのペナルティがあるわけです。

会社も経営がうまくいかなくなると、どこからか借金をする様になり、またその借金の返済にこまり消費者金融に借りたりと雪だるま式に借金が膨らんでいくのでしょう。こわいですね。やはり、そうならないためには軽い気持ちで借金をしないことですよね。

借りたお金は必ず返さないといけないわけですから。それに利子もついてくる事になりますし。

また、 カードでのショッピングをされる方が非情に多いですが、カードで買い物をするということは一時、借金をしているのと同じ事だというこことを肝に銘じたほうがよいかと思います。

これからどんどんカード社会になっていくので、カードの安全な使い方を今一度確認した方がよいですね。