本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

競売にかけず任意売却をするメリット

マイホームを購入したものの住宅ローンの返済が滞るようになった場合は、残念ながら手放さなくてはなりません。

多くの場合は銀行からお金を借り入れていますので、返済できなくなると催告書が送られてきます。この期間における銀行との折衝を放置してしまうと、マイホームは競売にかけられてしまいます。

そうなると相場よりも安い値段で落札される可能性が高く、住宅を手放すのにローンだけが残ってしまいますし、新聞などに掲載されてしまうので近所の人に家庭の経済状況がばれてしまうことになります。

また、落札後はすぐに退去を要求されることもありますので、移住先が決まらない状態だと困ることになります。

しかし、銀行と相談をして任意売却をすることになれば相場に近い額で売却できるので、新生活の資金を蓄えることもできますし退去時期についても相談に応じてもらえることが多いです。

もちろん内密に手続きが進みますので、周囲からは通常の引越しとして認知してもらえるなどメリットが多いのです。