本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

任意売却のその先を見据えて

住宅ローンが払えなくなった場合に、自分の判断で家を手放し、売却して得たお金をローンの返済にあてようという任意売却。競売にかけるよりも大きな金額を手にすることができるとされ、最近は専門の業者をネットでなどで探し、積極的に依頼する方も増えているのだと聞きます。

しかし任意売却という手段をとる上で忘れてはならないのが、売却後に残債務が残ってしまう可能性がないわけではないのだ、ということです。

いかに任意売却といえど、家の状態や土地の関係などもろもろの理由で、望んでいる金額がつかない場合もあります。万が一返済金額を下回ってしまった時、それが丸々ローンとして手元に残ってしまうということは十分にありえるのです。

これは競売を利用した時でも同じです。競売なり任意売却なりローンを払えずに行った結果のことなので、残ったものも簡単に返済できないであろうことは債権者も重々承知であり、状況によってはローンの減額などを行ってくれることもありますが、小額でも返さなくてはならないことには変わりありません。

任意売却で全てが終わるわけではなく、その先も考える必要があることを忘れないようにしたいですね。