本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

任意売却で生活再建

不動産などを抵当にしてローンを組んでいる人も多いと思いますが、様々なトラブルなどによってローンの支払いが苦しくなったり、その他の事情で負債が膨らんでしまっているという人もまた多いのが事実です。

そんなときに、任意売却が生活再建の手助けになる場合があります。任意売却というのは、債権者と債務者の調整の元、差し押さえから競売という手順を踏まずに、市場で担保としている不動産を売却することです。

メリットとして、競売にかけるよりも相場に近い価格で処分できる事が多く、ローンなどの残務を競売よりも減らすことが可能です。

また競売による売却では債権者が不動産を現金化するまでに時間がかかってしまいますが、任意売却を行う事でよりスムーズな債権回収が出来ることが多いので、場合債権者にとってもメリットがある場合があります。

しかし、なによりも第一に考えるべきなのが債務者の生活再建ですので、少しでも有利に残務を減らせる方法として任意売却は、検討すべき選択肢の一つだと言えるでしょう。