本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

任意売却があるから安心という訳ではない

住宅ローンの返済が困難になってしまった時の最後の切り札として、任意売却は大変有効な手段です。ですが任意売却があるから必ずしも上手くいく、というわけではないことは理解しておかなくてはなりません。

そもそも、任意売却ができない場合もあるということはご存知でしょうか。任意売却は債権者や保証人の許可なくして行えないものなので、一度どこかでストップがかかってしまえばどんなに自分が望んでいたとしても実行できません。保証人の方はともかくとしても、あまりにも返済が滞っていたり、ルーズな返し方をしていると債権者の不信を買いやすいので注意が必要です。

また、任意売却に無事踏み切れたとしても、それで全て解決とはなりません。なかなか買い手がつかない場合もありえますし、一定の期間を過ぎて競売にかけられてしまうこともあります。適当な任意売却を行うようなところに依頼してしまい、やり取りが上手くいかないまま結局競売、という例も無いわけではないのです。

たとえ売却までことを運ぶことができたとしても、売却価格が返済金額に足りないということも考えられますよ。残った返済額は当然そのままローンとなりますので、任意売却イコール借金を帳消しする手段ではないということは、覚えておく必要があるのです。