本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

住宅ローンの返済に困った時の任意売却

当初はスムーズに返済できる予定で住宅ローンを借りても、景気の状況次第では計画通りに返済が進まなくなってしまうこともあります。そうなった場合、返済遅延を繰り返してしまうと最終的には物件差し押さえの憂き目に遭う可能性が否定できません。そうなる前に取れる対策として任意売却という方法があります。

これは住宅ローンの返済に無理が生じた場合、残債が残っている状態で債権者と相談して住宅を売却に出す方法です。物件の売却価格がローンの残債を帳消しにできるほどの金額に充当するケースはほとんどない為、スムーズに売却出来ても負債が残ってしまう可能性はとても高いです。ですが、住宅を維持しつつ無理な返済にあがくよりも、早期に任意売却で手放した方がマイナスを減らせるという利点があります。

また、売却後の残債は債権者との話し合いによって分割返済が可能になるのが一般的です。その為、以前よりも軽い負担で残債を消化できるようになります。無理をして物件差し押さえになったり、自己破産に陥ることに比べたら、任意売却は遥かに建設的な選択だと言えます。