本当に自己破産をするべきなのかを考えよう

競売よりも有利な任意売却

まず、任意売却とは何か。不動産購入時に住宅ローンの融資を受けたり、自営業などで事業融資を受けるために不動産を担保にいれて金融機関からの借り入れをしたが、ローン返済ができなくなってしまった場合に、融資を受けている金融機関との合意をもって、不動産を売却する手続きを指します。

ローン返済ができない場合「競売にかけられる」という言葉を聞いたことがあると思いますが、競売と任意売却は大きく異なります。まず、不動産の価格については、競売は相場より安い価格で落札されるケースが多いため、多額の債務が残ってしまいますが、任意売却だと相場に近い金額での売却が可能なため、債務を減らすことができます。

また、債務の返済額については、前者では返済額の交渉は不可ですが、後者だと計画的な返済プランを立てることができます。また、退去時期についても、前者では落札者の都合で退去時期が決まりますが、後者ではある程度の希望を考慮してもらえます。その他にも任意売却の方が、色々とメリットがあります。

手続きについては、弁護士などの専門家に相談し、債権者との仲介してもらうことが早期解決への近道です。